ウインナークラブ club awa-dayori osusume
| RSS |
投稿者: admin 投稿日時: 2008-04-25 18:57:14 (2891 ヒット)

4月28日から、オリジナル豚原料の製品に戻ります(一部製品除く)

 本年(2008年)1月9日に発生した(有)石井養豚センター育成豚舎火災によって、当社製品の原材料豚肉は、オリジナル豚と愛媛県産豚を並行して使用させていただいてきました。
 豚舎は順調に復旧し、ようやくオリジナル豚だけを原料とする製品の製造が可能になりましたのでご案内申し上げます。

1.「豚ミンチ」と「豚こまぎれ肉」を除く精肉及びハム・ソーセージ、デリカ品の全品につきましては、4月28日以降販売分からオリジナル豚のみを原料とした製品を販売いたします。
2.「豚ミンチ」と「豚こまぎれ肉」の2品につきましては、5月19日以降販売分からオリジナル豚原料のみを使用した製品を販売いたします。

 火災発生以降、温かい励ましを皆様方から頂きましたことにつきまして、心から厚く御礼申し上げます。農場では、今回の火災を教訓にした燃えない豚舎作りをはじめ、健康な豚を育てるためにより一層の努力を傾けております。今後ともより一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


投稿者: admin 投稿日時: 2008-01-16 12:00:00 (2792 ヒット)

当社取り扱いの豚肉及びその加工品に、当社のオリジナル豚に加えて愛媛県産の豚肉を、全体の4割程度、当面の間使用いたします。

 1月9日午前8時に、当社オリジナル豚の生産者・(有)石井養豚センターの第一育成豚舎から出火し、約2000頭いた豚のうち約900頭が焼死しました。幸いにも人災は無く、また母豚舎には影響が無かったことから、最長で半年後には完全に元に戻る予定です。
 オリジナル豚の出荷が元に戻るまで、JA全農愛媛県本部が販売元の愛媛県産の豚を部分的に使用します。 従いまして、1月18日以降に製造する当社製品の一括表示ラベルは、全て「豚肉(国産)」「豚脂肪(国産)」に変更いたします。
 しばらくの間ご迷惑をおかけいたしますことにつきましてお詫び申し上げます。どうぞ今後とも引き続き当社製品をご愛顧、ご利用賜りますよう心からお願い申し上げます。


投稿者: admin 投稿日時: 2007-11-30 11:24:00 (3089 ヒット)

豚写真 当社が精肉やハム・ソーセージなどに使用するオリジナル豚は、100%(有)石井養豚センターで育てられています。

 その(有)石井養豚センターが、全国の優秀な畜産経営を表彰する「全国優良畜産経営管理技術発表会」で最高賞の農水大臣賞を受賞しました。

 徳島県の畜産関係者では初めての快挙です。


受賞理由は
(1) 生産効率よりも味を重視して独自に交配した品種の育成
(2) 豚の健康を最大に配慮した環境コントロール豚舎
(3) 非遺伝子組み換え飼料やPHF飼料を使用するなどの安全性
(4) (株)ウインナークラブとの提携による生産・加工・販売の一貫した独創的な取り組み
とされています。

 「安心・安全」は食べ物である以上当たり前のことであり、追求すべきは「健康な豚作り」「食べて美味しい豚肉・加工品作り」「食べることで健康になれる製品作り」が当社のモットーです。

 今後とも、ご利用ご愛顧のほどお願い申し上げます。

徳島新聞に記事が掲載されました。ご参照ください。→記事



« 1 ... 5 6 7 (8)
会社案内
Copyright(c) 2000 wiener club co.,ltd. All rights reserved.