ウインナークラブ club awa-dayori osusume

BLOG - 最新エントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

阿波便り ソーセージ作り 2016/08/19 10:09 am

「子どもにも食べさせることができる安全なハム・ソーセージを作ってほしい」
そんな消費者の願いからウインナークラブではハムやソーセージの製造が始まりました。
以来、消費地でも「自分たちでハムやソーセージを作る」ことがなされています。写真は先日エスコープ大阪で行われたソーセージ作り教室です。生協の組合員さん自らが講師役をつとめています。

実際に自分たちで作ることによって、なぜ一般には食品添加物を使用することになるのかが理解できます。そしてウインナークラブの豚肉の良さを再確認されているようでした。

このエントリーの情報

阿波便り 藤まつり 2016/05/04 8:45 am

4月16日から5月6日まで石井町の地福寺で『藤まつり』が開かれています。


『藤まつり』はその名の通り、地福寺に植えられている藤の花をたたえるお祭りで、紫藤は約250年前に隆淳上人が、白藤は約100年前に祥塔上人が植えたものだといわれています。


藤は石井町の町花になっており、地福寺以外にも見られます。

例えば自動販売機。

町のキャラクターである「ふじっこちゃん」がデザインされています。
ふじっこちゃんはなんでも藤の花の妖精だそうです。

このエントリーの情報

阿波便り 春霞 2016/03/08 2:07 pm


先週の後半から暖かい日が続いています。
先ほど車に乗ったら、外気温を示す表示は23℃でした。
既に土を耕されている田んぼがありました。

暖かさとともに花粉の飛散量が増えているそうです。
花粉とともに今日は黄砂とPM2.5もたくさん飛んでいるとか。
春霞と書けば風情がありますが、その正体は「スギ花粉」「黄砂」「PM2.5」という嫌われ者たち。
明日からまた寒の戻りがあるようです。
寒さをもたらす雨が嫌われ者を洗い流してくれるでしょぅ。

このエントリーの情報

阿波便り 小学生の工場見学 2016/03/02 4:33 pm






今日、地元の小学生たち約80名が工場見学にやってきました。
ハム・ソーセージを作っている仕事をガラス越しに見学し、従業員が説明する内容を各自が書きとめていました。

子どもたちからの質問の答えは簡単そうで難しい。
例えば、「おいしくするために工夫をしていることはありますか?」という質問。
大人には、「食品添加物を使わずに豚肉本来のおいしさを引き出す技術です」と答えますが、そのような答えが子ども達に伝わるかどうかは疑問。
しかし、違う答えも見つからず、それらしき話を子ども達にしました。
その後、質問コーナーの後で1人一本限定で提供した「パクパクウインナー」は子ども達には大好評。
残りが20本ほど残ったので「ほしい人は?」と先生が声をかけると、全員が群がって収集がつかず。結局、全員が残り物を断念することになりました。

ウインナークラブのハム・ソーセージは子ども達にも安全に食べられるものを作ってほしいという消費者の願いで製造を始めました。
今日来た子ども達がこの味を忘れずに大きくなってくれることを願います。

このエントリーの情報

阿波便り 初雪 2016/01/19 11:53 am






徳島では今シーズン初めての雪が降りました。今日は山沿いでは20センチ、平野部でも5センチ程度の積雪があると気象情報では報じていました。
風も強く、外に立っていられない寒いです。
ウインナークラブの建物の西側は遮蔽物が無いために、強い西風をまともに受けます。
これまでの暖冬を一気に吹き飛ばす寒さです。

このエントリーの情報

阿波便り 韓国の餅つき 2015/11/18 5:29 pm

生協の関係で今月初めに韓国に行きました。ソウルから東の方へ車で2時間位走ったところです。
当地はしばらく雨が降っていなかったそうですが、私たちが訪問した日程は雨が降り、日本から来た私たちを「恵みの使者」として歓迎していただきました。





写真は原州生協の収穫祭。
雨天のため、テントの中で餅つきをしました。
韓国では餅つき専用の臼が無いのか、台にプラスチックシートを巻き、その上に蒸したもち米をのせます。あとは日本と同じ。杵をつく合間を見計らって水を含ませます。
決定的な違いは、餅の仕上げ方。
直径3?ほどの筒状にして、はさみでちょきちょきと切り始めました。
なるほど、これはトッポキの形だと気づきました。
韓国のトッポキはコチュジャンの味がよく効いて、体が温まります。

このエントリーの情報

阿波便り WHOの発表 2015/11/03 2:19 pm

世界保健機関(WHO)が10 月26 日付で次のような発表をしました。

「加工肉(牛や豚などの肉に対して塩漬けや薫製、発酵などの処理を行ったもの)を1 日あたり50 グラム食べることで結腸直腸がんの発生リスクが18%高くなる…。加工肉はIARC が定める発がん性基準で喫煙やアスベストと同レベルのグループ1(ヒトに対する発がん性が認められる化学物質、混合物、環境)に分類する…」

この突然の発表で、食肉業界が反発し、韓国では売上が20から30%落ちたなどというニュースが報じられています。
日本人の加工肉の消費量は約18グラムなので、WHOの発表した数値の1/3程度ですが、それにしても気になる発表です。いずれにしても食肉の消費が多い欧米の人たちにバランスのよい食事を心がけるように注意喚起をしたものではないかと思います。

それよりも危険なのはハムやソーセージの発色剤として使用される亜硝酸塩ではないでしょうか。肉や魚介類に含まれるアミンと結合して発がん性物質とされるニトロソアミンを生成することは広く知られています。(写真は自社で実験製造したソーセージ。亜硝酸塩の有無で色がこんなに違います)

こん発表からは、消費する人たちはバランスのよい食事を心がけ、製造する人たちは外見ではなく中身のしっかりしたものを作ることが大切だということを感じます。

このエントリーの情報

阿波便り 収穫の秋 2015/09/15 3:48 pm




秋雨前線の影響でしばらく雨の日が続きましたが、雨上がりとともに秋がやってきました。ウインナークラブの周りの田んぼも週末には稲刈りが行われました。
北関東と宮城県では先週の大雨で河川の堤防が決壊し、未だに水が引かないところもあると聞きます。農業被害も相当なものでしょう。お米も収穫直前に駄目になってしまい、農家の方たちのショックも大きいと思います。
徳島も過去、水害に悩まされてきたところです。
写真の辺りも、吉野川の支流である飯尾川が流れ、よく水の浸かるところです。
毎年見慣れた出来秋の風景ですが、被害に遭った人たちのことを考えると、食べ物が無事収穫できることに感謝しなければなりません。

このエントリーの情報

阿波便り 2015年の阿波踊り 2015/08/24 4:52 pm


8月12日から15日にかけて徳島市阿波踊りが開催されました。
13日に藍場浜演舞場へ見に行きましたが、桟敷席に入ったとたん、「これは明るい」と感じました。
どうやら、この演舞場は今年からLED照明に切り替えたそうです。明るさは従来の白熱電球に比べて1.6倍。消費電力は7割だとか。
動きの激しい阿波踊りですが、この明るさなら写真もクリアに写せます。

このエントリーの情報

阿波便り 駅の階段 2015/06/10 2:39 pm

移動はもっぱら車を利用しますが、昨日は徳島駅前に用事があったので、最寄の駅から電車を利用しました。写真はJR徳島線石井駅。



人はまばら。12時2分発の徳島駅行の各駅電車に乗りましたが、この駅から乗る人間は5人でした。
それにしても感動したのは、駅舎から向かい側のホームに渡る陸橋の階段が、まだ木だったこと。そして陸橋には「鐵道院」と書かれてあったこと。

ネットで調べてみると、「鐵道院」は1920年に設置され1943年に運輸通信省に改組された、とある。
時空を超えて旅をしたい方は是非徳島線を利用してみてください。

このエントリーの情報

ページナビゲーション

« 1 (2) 3 4 5 ... 11 »

会社案内
Copyright(c) 2000 wiener club co.,ltd. All rights reserved.