ウインナークラブ club awa-dayori osusume

BLOG - 最新エントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

阿波便り 井戸水 2015/05/05 12:28 pm







ウインナークラブの回りには田んぼや畑がたくさんあります。
そして田んぼや畑の脇に小さな小屋を見つけることができます。
中をのぞいてみると水を汲み上げるポンプが設置されています。

田植えシーズンになりましたが、この時期になるとこのポンプで地下水をくみ上げ田んぼに水を張り巡らせます。
吉野川の水域だからでしょうか。どこを掘っても50?位で水が出てくるようです。
逆に言うと、吉野川の氾濫で運ばれてきた土砂が積もり積もって土地がかさ上げされ、吉野川の水を用水路に引っ張ってこれないために地面を掘るしかなかったのです。つまり、水はあるけど電気代がかかる。

何気ない風景にも物語があります。

このエントリーの情報

阿波便り 石井町は藤の花が満開です。 2015/04/22 1:39 pm

石井町のイメージキャラクターは「ふじっこちゃん」。
石井町の町花である「藤」をイメーシしています。
その藤の花が満開です。
下の写真はウインナークラブのすぐ近くの飯尾川公園。クランドの外周に遊歩道があり、藤棚が設置されています。今日は藤の花を見る人よりも、蜜を求めに来たハチのほうが多かった。

このエントリーの情報

阿波便り 桜舞い散る… 2015/04/06 2:58 pm

 




徳島は先週、桜が満開になりましたが、週末はあいにくの天気。
桜の花びらが地面に舞い落ちてしまいました。
しかし、雨の中にたたずむ桜は風情があります。
写真は四国八十八カ所のお寺。
左は大日寺、右は地蔵寺(奥の院・五百羅漢堂)です。

このエントリーの情報

阿波便り 田んぼ道に突如として現れるパトカー 2015/02/26 11:29 am






ウインナークラブにほど近いところ。田んぼ道の四つ角にパトカーが停まっています。本物のパトカーではありません。事故防止のために置かれているものです。初めて見たとき、「えっ、こんなところにパトカーがある!」とびっくりしました。
信号ではなくパトカーを置いたことに徳島人のしゃれっ気を感じたものです。しかしこれは「しゃれっ気」ではなく「苦肉の策」なのかもしれません。
というのは、徳島の道を運転すると、信号のないところから突如として車が割り込んでくることが多いのです。側道が多く、道の両側に商業施設が多いからです。自転車や徒歩ではなく、短い距離でも車を使われる人が多いのも理由かもしれません。
先日の徳島新聞には「徳島の好きなところは自然豊かで人間がやさしいところ。嫌いなところは運転マナーが良くないところ」と住民の方が書かれていました。
それにしてもこのパトカー、もう10年以上置かれているそうです。この道を通る人は慣れっこになっているみたいです。効果はあるのかな?と思いましたが、プレートナンバーには「事故ゼロ」と書かれてありました。安全運転協会のお守りのようなものなんでしょうね。

このエントリーの情報

阿波便り 豚肉の解体学習会 2015/01/12 5:15 pm

1月9日に大阪府堺市のエスコープ大阪で豚肉解体学習会を開きました。
豚の枝肉を脱骨して部位ごとに分け、豚の骨格やロースやモモといった部位がどのように構成されているかを実際に目で見て学習をします。
この生協がこのような活動を続ける発端は、豚の一頭買いにあります。
豚の品種や餌の内容を明らかにさせるためには、欲しい部位だけを欲しいだけ食べることでは成り立たないと知った生協の組合員が、豚1頭すべてを消費するために月間100頭食べる力をつけようと活動を展開したのが1980年頃の話。
生産者を見つける前にまず自分たちの食べ方を正した姿勢には頭が下がります。その当時、この生協の組合員が食べていた豚は沖縄県産という以外に何もわからなかったそうです。
そして現在の豚の生産者である石井養豚センターと出会い、豚の飼い方だけではなく流通も明らかにするため、生協と豚の生産者の共同出資で食肉工場も作ります。その工場がウインナークラブです。
一頭買いを始めて30年以上が経ちました。しかし、1生産者の豚肉を食べて産直を成立させるという精神は今も続いています。

このエントリーの情報

阿波便り 限界集落 2014/12/10 6:02 pm

連日のようにヘリコプターが西の空に飛んでいきます。
写真ではわかりにくいですが、左上に2機、自衛隊のヘリコプターが映っています。テレビや新聞で報道されているように、先週末に降った大雪の影響で、徳島県西部の山間地では道が遮断され、孤立した集落がいくつかあるようです。

徳島県は山間に入ると、車一台がぎりぎりで通れるような道があり、その奥に集落を見つけることがよくあります。こんなところに家が建っているというシーンもしばしば。
このような災害があると、限界集落で住むのも限界が見えてきますね。
なにか私たちにできることはないのでしょうか。

このエントリーの情報

阿波便り 食のフェスタ 2014/12/03 10:13 am

11月30日に開催された「エスコープ大阪 食のフェスタ」に参加しました。
会場は堺市産業振興センター。
当日は1000人近い来場者があったでしょうか。熱気ムンムンでした。
エスコープ大阪や生活クラブ連合会の生産者が40団体ほど集まり、生産物を生協の組合員さんたちにアピールします。販売はなく、すべて試食です。消費者は実際に食べものを作っている人から話を聞いて、食の確かさを実感します。注文は生協のカタログで、というわけです。
ウインナークラブはソーセージを試食してもらいました。
韓国の人たちも参加。生協の交流のある団体が韓国から食材を持ち込み「トッポギ」を作っていました。食材の原料はほとんどが韓国産。自国の農業を守り、自分たちの住む地域を活性化する取り組みをされているそうです。
食も国際交流も相手の顔を見て語り合うことが大切ですね。

このエントリーの情報

阿波便り 石井町の風景 2014/11/12 5:31 pm

飯尾川沿いにコスモスの花が咲いています。
川の向こうに見える山は気延山(きのべやま、標高212.3m)といいます。背は低いのですが遠くからでも目立つ山です。麓には古墳や遺跡があり、縄文・弥生時代からこの地が栄えていたことを忍ばせます。
山の名の由来は「源義経が勝浦の海岸に上陸して屋島に攻め行く途中、ここで軍馬を休めて、しばらく気を延べた」ことによるとか。見晴らしが良く、山も低かったので、義経は安心して休息したのでしょう。その頃はまだコスモスの花は無かったでしょうが。

このエントリーの情報

阿波便り 7年ぶりの再会 2014/10/25 3:16 pm

今日、エスコープ大阪の組合員さんが来社されました。
そのなかに当社のトップページに登場する女の子と男の子が参加していました。
なんと7年ぶり。7年経っても、ナイスな笑顔です。

このエントリーの情報

阿波便り 秋晴れ 2014/10/08 1:29 pm






週末は台風による大荒れの天気でしたが、昨日と今日は抜けるような青空です。
昼下がりにウインナークラブの裏手を流れる飯尾川(いのがわ)沿いを散歩しました。体長が50センチはあろうかと思われる鯉が悠然と泳いでいました。
台風による雨が上流から豊富な栄養分を運んでくれているのかもしれません。

このエントリーの情報

ページナビゲーション

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 11 »

会社案内
Copyright(c) 2000 wiener club co.,ltd. All rights reserved.