ウインナークラブ club awa-dayori osusume

BLOG - 最新エントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

阿波便り ○○の花 2013/11/11 4:41 pm

写真は何の花だと思われますか。ヒントは徳島県鳴門市の名産。
答えは「らっきょ」です。「らっきょう」が正式名称のようですが、鳴門では「らっきょ」といいます。鳴門海峡に面する大毛島が生産地で、きめ細やかな良質の砂地がらっきょの生育に合うそうです。収穫は5月頃ですが、11月初旬には紫色の花を咲かせます。
鳴門大橋を望む海岸沿いにはリゾートホテルや食事処が立ち並んでいますが、らっきょ畑はそれらの建物や防風林の裏手に広がっています。表舞台に立たずに脇役のように佇んでいる姿は食卓の「らっきょ」と同じようです。

このエントリーの情報

阿波便り ゆるキャラ 2013/11/04 6:23 pm

「ゆるキャラグランプリ」ってみなさん、ご存じですか? 先日、アスティ徳島で「徳島ビジネスメッセ」という展覧会が開かれ、ウインナークラフは飼料用米の普及を呼びかけたのですが、その時にブースにやってきた「すだちくん」。なんでも、ゆるキャラグランプリ2013の投票が現在行われているらしく、「厳しい選挙を戦っています。パソコンや携帯電話でも投票ができるのでよろしくお願いします」と頼まれました。もちろん、すだちくんはしゃべらなかったので付き添いの方からですが。
徳島だけでも16のゆるキャラがエントリーしているというから、たいした人気です。しかし、私の回りの人たちは、投票するんだったら石井町の「ふじっこちゃん」にするとの意見。候補者を統一できるかどうかがカギ、というのは、ゆるキャラの世界でも同じのようです。

このエントリーの情報

阿波便り 豚の餌 2013/10/16 11:34 am

農水省の資料によると、食品工場や家庭から可食部分として捨てられる量は、年間500〜800万トンとなっています。800万トンといえば日本の年間の米生産量に匹敵する数字です。
石井養豚センターでは2010年5月にバイプロリキッドフィーディングシステムを導入した肥育豚舎を作り、バイプロダクト飼料を拡大しつつあります。このバイプロダクトとは食品製造工場で生じる食品副産物のことです。例えば豆腐工場のおからやパン工場のパン屑といった原料は、配合飼料に多く含まれる大豆や小麦です。しかしこうした食品ロスは現在の日本のシステムではリサイクルすることができず廃棄物として処理されてしまいます。それを飼料として有効利用することが、このシステムの最大の目的です。
写真は生協の組合員さんが食品副産物をスープにしている現場を見学しているところです。気になるのは食品副産物の内容。遺伝子組み換えや食品添加物や放射能はどうなのかということです。
遺伝子組み換えや食品添加物は排出業者の生産物から原材料をたどることは可能ですが、放射能はわかりません。今回、このバイプロリキッド飼料の放射能検査を実施して、不検出という結果を得ることができました。放射能検査の結果

このエントリーの情報

阿波便り 夕陽 2013/10/02 6:06 pm






昨日の夕陽です。
徳島県は西から東に向かって吉野川が流れているため、平野が東西に広がっています。ウインナークラブのある石井町は吉野川流域のほぼ中央に位置し、なおかつ高い建物が無いこともあって見晴らしが良いです。
昨日は北の阿讃山脈と南の四国山地の間に夕陽が沈みました。

このエントリーの情報

阿波便り 中秋の名月 2013/09/19 9:54 am

今日は中秋の名月だそうですが、写真は昨日のものです。
西に夕陽が沈む頃、稲刈りを終えた田んぼを夕陽が照らし、東の見える眉山の上にあった月の形がくっきりと見え始めました。
中秋の名月を鑑賞することは「月を神聖なる神としてあがめ、農民は秋の収穫物を供えて五穀豊穣を祝い感謝する」ことだそうですが、今年は9月に入り週末になると大雨が降り倒伏する稲も数多く見られました。
東から上ってきた月を見ながら、先人も出来秋に感謝をしたのでしょうか。

このエントリーの情報

阿波便り 好きっぷ2000 2013/09/10 3:59 pm






「徳島から大阪まで片道2000円で行ける」という広告を見て「好きっぷ2000」を利用しました。
南海フェリーと南海電鉄を使用します。南海フェリーの旅客運賃が2000円なので南海電車の運賃が「おまけ」というチケットです。堺でもなんばでも高野山でも、徳島港からの運賃は2000円。
徳島港と和歌山港の所要時間は約2時間です。席もゆったりしていて、デッキからは景色を楽しむことができます。眉山はやっぱり海上から見ても眉の形をしていました(左の写真)。淡路島が横手にずっと見え、地名の通り、阿波につながる路のようです。手前には沼島も見えます(右の写真)。
時間にお急ぎでない方は海の景気でも見ながら徳島への旅を楽しまれてはいかがでしょうか。

このエントリーの情報

阿波便り 夏の名残り 2013/09/02 5:07 pm

9月になり、小学生が登校する姿が戻ってきました。
今朝は雨ということもあり、子どもたちの足取りも重そうでした。
ウインナークラブでは生協の組合員さんを中心に工場見学を受け入れていますが、8月は特に子どもたちがたくさんやってきます。写真は生協エスコープ大阪の人たち。大人18名と子どもたち13名。工場には一度に入れないので3グループに分けて見学しました。
見学をされた方の感想文を一部紹介しましょう。
「初めて見る光景で只々、働いている皆さんがすごいと思いました。臭いが無く清潔感のある工場でした。冷たい足元で働かれている従業員の皆さんに感謝です」
子ども達にとっても食肉工場はどう映ったでしょうか。いずれにしてもひと夏の貴重な体験になったはず。

このエントリーの情報

阿波便り 阿波おどり 2013/08/21 10:13 am

徳島市の阿波おどりが8月12日から15日までの4日間開かれました。昨年は突然の雨に見舞われましたが、今年は快晴、というか猛暑。桟敷席でも「みなさん、熱中症には十分に注意をしてください」というアナウンスが始終流れていました。
有名連の踊りは洗練され、まさにショータイム。芸能人もときどき登場して桟敷席はその都度盛り上がります。

踊りは見るだけではありません。「同じあほなら踊らなそんそん」というわけで、市内には「にわか連」といって踊りたい人たちを集めて連を組む企画もあります。
徳島はまだ暑い日が続いていますが、阿波おどりが終わると熱が冷め、秋が近づいた感じがします。

このエントリーの情報

阿波便り 渇水 2013/07/31 3:20 pm

7月も今日で終わり。
日本各地、ところによっては局地的な大雨が降っていますが、徳島はあまり雨が降っていません。四国の水がめの一つ「早明浦ダム」の上流域では7月の降水量は平年の3割程度のようです。貯水率も低下し60%台になることを受けて来月2日から取水制限が始まるようです。
ウインナークラブの豚を育てている農場も今年は雨が少なく井戸水の水位が下がってきており、現在は別の井戸を掘る作業を進めています。
来週からは太平洋高気圧が強まり、四国は太平洋高気圧に覆われ、雨が期待できない模様です。電気代も値上がりし、電気と水に悩まされる徳島の夏です。

このエントリーの情報

阿波便り れんこん 2013/07/09 2:45 pm

れんこんの花が咲き始めました。写真は徳島市川内町。徳島のれんこんは「備中」と「大白」という2品種の大別されるようです。「備中」はピンク色、「大白」は白っぽい花をつけます。れんこんの花が咲くのは4日間。1日目につぼみのような花が咲き、次第に大きくなり4日目には全開して夕方には散ってしまうそうです。写真の花は多分3日目。

れんこんの茎は細長くその先の葉っぱは太陽の光をいっぱいに受け止めています。多少の風が吹いても大丈夫そうですが、これから心配なのは台風。茎が折れてしまうと土中の蓮根は葉っぱからの養分が途絶え「成長が止まってしまう」とれんこん農家の方から聞きます。この大きな葉っぱがあってこそ「れんこん」を食べることができます。

このエントリーの情報

ページナビゲーション

« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 ... 12 »

会社案内
Copyright(c) 2000 wiener club co.,ltd. All rights reserved.